忍者ブログ

蘭太郎ゲームズ

蘭太郎が制作したゲームに関する紹介ブログです。
MENU

水桜記13幕 ※ネタバレあり

年内にもうブログの更新は無さそう(更新する内容が無いYO!)
――とか書いてたけど、あれは嘘だ!

水桜記13幕が楽しすぎて、ここ数日ちょっと制作に身が入らない状態でした。


というわけで以下は、13幕のプレイに関するメモになります。






ゲームシステム的に集団戦の采配がクリアや評価に繋がるのは
製作者の端くれとしても大きな参考になりますね。

騎馬突撃は強烈だけど、騎馬隊だけで戦場の敵を蹂躙する!とかいう
所謂、無双プレイは、ほぼ不可能。
一斉攻撃に槍衾のある足軽(槍)が、攻守ともに戦力の要という印象を受けました。

自作ゲームだと、「レベルを上げて物理で殴れ」ではありませんが
レベルを上げた(というより、ステータスをカンストさせた)ユニットで
無双するのが、殆どの局面で通用してしまうので……

水桜記13幕は、正に関ヶ原天ヶ原。
大規模な決戦という、とてもやり応えのあるマップでした。

ここまで印象に残っているマップは、Sスタ製のゲームだと他には
ReinPhazerの15章ですね。





で、水桜記に話を戻しますが――



水桜記13幕での挑戦メモ

兵力損耗0でクリアに挑戦!

開戦直後の戦力比




ここでギブアップ><



「1周目+褒賞交換無し+忍び無し」のデータでは、これが精一杯でした。
友軍を盾に(文字通り肉の壁になってもらって)敵撃破を狙って行きましたが……

ノーダメージで受けられる部隊が居ないので、ここで終了。


真田隊というより、島津の退き口状態?


ここからまた、釣り野伏で影武者倒すのは長丁場なのでギブアップしました。
褒賞交換で撹乱持ちの忍びを雇えば、ノーダメージクリアも行ける? かな? かな?



こんな風に、何度でも繰り返し楽しめるマップ(ゲーム)を自分も作りたいものです。



※2018/12/08追記

褒賞交換使用で再チャレンジ!
「韋駄天の忍び」雇用+「撹乱」スキル入手(時道が装備)


残りは、大将一人
盾となり散っていった友軍の皆に感謝しつつ最後の決戦へ……




ここからが問題で
どう計算しても1ターンで撃破できる手が無い……

けれど、何十回とやり直すうちに敵の行動パターンは読めてきていたので
打開策はありました。


それは……
タイマン勝負!!!

足軽で敵将に一騎打ちを挑む。(武将は不可)

敵将が「疑心」スキル持ちというのがミソ。
敵AIは、足軽が相手(+止めを差せない場合)だと
「ダメージを与えるよりステート付与を優先させる」模様。

なので、火攻めや撹乱持ちだったら、この戦法は使えなかった。
ある意味、システムの穴を付く、狡い戦法……。


一騎打ちの選手は、鷹丸君に決定。
誘導係の時道を除いて、他の部隊は距離をとって退避。



そこから、長い長いターンを重ねた結果……



ついに、その時がきました!




最後の一手




ノーダメージでクリア完遂


拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © 蘭太郎ゲームズ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]