忍者ブログ

蘭太郎ゲームズ

蘭太郎が制作したゲームに関する紹介ブログです。
MENU

ランタイムサーガ クリア!

ランタイムサーガ遂にクリアしました!(ver.1.15)

難易度:難しい、ドーピング有、闘技場も使用
――という条件でのプレイでしたが
何とか最終章をクリアして大団円を迎えることが出来ました。

クリアしての感想はと言うと……

ありがとうございました! とっても面白いゲームでした!

この一言に尽きます。

これ以上、言葉を重ねるのも野暮に感じるくらい没入できるゲームでした。
このハイクオリティな作品を造り上げた製作者さんには敬服するばかりです。
(もちろん、各所で配布されている素材を使用しているのは確かですけど
 それらの素材を集め、調理して一つのフルコースを造り上げるまでに掛けた労力は並々ならぬものだったことと思いますし。
 同じくゲームを作っている身としては、とんでもなく高い壁を目の当たりにしちゃったなぁという思いもあります)


ゲーム面でも、お手軽な広さのマップに適度な数の敵
そして随所に配置されている強ボスたちという――
自分としても好みに合うというか、
プレイしていて難しさと快適さが同居できるバランスになっていて
その点でもサクサク遊ぶことが出来た作品でした。

戦術点もプレイに良いメリハリが生まれて上手いシステムだなあと感心しきり。
難易度:難しいで満点を狙うと各マップごとに違った緊張感があって面白かったですね。
(しかし、ベテランモードで戦術点マックスを狙おうとする場合、
 一軍メンバー選出を早い段階で決めて育成をきっちりしないと、相当きつそうだな……)



只一つだけ。
このゲームに欠点があるとすれば、それは――
マップの出撃メンバーを増やしてください!
……ってことですかねえ。

出撃させたい子とか育成したいキャラが多すぎて
泣く泣くスタメン落ちを言い渡す場面が幾度あったことか……
せめて各マップあと一人ずつでも出撃枠が追加されていたら
もっといろんなキャラを起用できたのになぁ。
それもこれも魅力的なキャラが多いのが悪いんだ。

エクストラの上級職立ち絵を埋めるためにも周回せねば!(使命感)
(フィリップ・ダリアの兄妹とかウルリケとかイゾルデとか一軍から漏れた子たちよ、次は必ず起用するから)



以下は、お気に入りのキャラ達紹介
ネタばれを大量に含むので閲覧注意








全編通して活躍したメンバーたち



イジュラン殿下

正統派主人公
CC前は戦闘面で若干、不安の残る人でしたが
CC後はメキメキ能力値が上昇して、最前線でガンガン敵を屠って行く強ユニットに化けました。
物語面でも器の大きさを感じさせる凛々しいキャラクターでしたね。


ナターリア

ヒロイン
ver1..031で遊んでいた時は、あまり起用していませんでしたが
正式版公開と言うことで、ヒロイン枠だし使って行こうと思い出撃させてみたところ……
正しくヒロイン。実力で正妻の座を勝ち取った子でありました。
本人も非常に優秀な上に、専用武器であるスプントゥーネが強力。
敵集団を一人で返り討ちにしたり、敵の遠距離砲台を潰しに行ったり
ボスとタイマン張ったり、と一騎当千の活躍ぶりを見せてくれた子です。


ヴェロニカ

魔法職の最強アタッカー(じゃなかろうか?)
ドーピング有のプレイでしたが、この人は吟味のみのドーピング不使用。
(経験値獲得スキルは付与したけどね)
有無を言わさぬ圧倒的攻撃力で敵を叩き潰す魔女。
敵幹部からの寝返り組ということもあって敵ボスとの戦闘会話も豊富だった点も
物語に深みを与えてくれた人でした。


ベティーナ

俺の嫁。
この子は本当に有能な機動力のある杖振り係であり、CC後は雑魚掃除もこなす万能っぷり。
ステータスも吟味を重ねて魔力速さ幸運魔防がカンスト(終盤に技・守備を4点ずつドーピング)
リアやコニーと言った子たちと支援を組めるので
戦場では三人揃って回避する壁となっていました。


(以下は画像無し)

リア
再行動スキルは、やはり強力です。
リア本人も回避の鬼で前線に置いていても敵の命中0%とかザラでした。
(最終章は敵の支援スキルが強力なので被弾率が跳ね上がってたけど)
さらにイベント後は、隣接4人再行動という超高性能ブースター。


コニー
この子がいないと戦術の幅が減るというくらい「盗む」は便利。
お宝の存在をくんかくんかしてくれるだけでなく(時には質を上げてくれたり)
全快の腕輪やカイザープルフと言ったアイテムを掠め取ってくれるコニーは出来る子!


ナッシュ
SRPG Studioの顔であり、第一部の主人公。
専用武器が、3つも用意されていることからも優遇されていることが伺える。
ストックも使えるため、部隊が分割された時など片方の指揮官を担って貰っていました。
ステータスは技・速さがカンストする一方で力が伸びずドーピング頼り
それでも最終戦まで主力メンバーであり、切り込み隊長として活躍してくれました。


ヘレン
Sスタの看板娘。
ストーリー的にもキャラを取り巻く人間模様(支援会話)的にも優遇されている。
本人も優秀な杖振り役。
ドーピング無しで守備・魔防が共に20を超える防御力の硬さで
最前線でも安定して杖が振れるのも彼女の強みでした。
最終面は、毎ターン広域回復の杖を振りまくってくれたお蔭で脱落無しでのクリアが可能に。




(番外)

カミルきゅん

この子を本気で起用しようと考えた場合、再序盤(かつ時間制限のないマップ)で
気合い入れて吟味しないことには
いかに支援やイベントで優遇されていてもどーしようもないステに……。
これでこの子は、オリヴィアさんの所まで会話しに行ったんですぜ。
(お蔭で、私の中ではオリヴィアさんはショタ好きというイメージが固定されてしまったけど)



他にもキャラ語りをしたくて堪らないキャラがいっぱい。
こういった魅力的なキャラが多いのもランタイムサーガの強さ、面白さの一つなんでしょうね。




拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © 蘭太郎ゲームズ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]