忍者ブログ

蘭太郎ゲームズ

蘭太郎が制作したゲームに関する紹介ブログです。
MENU

ステート追加の仕様を変更


※※※注意※※※
この記事で書いている内容は、プログラムの素人が理解出来た動作に過ぎません。
充分にデバグしきってない部分もあるので、導入の際は自己責任でお願いします。
※※※※※※※※

ステート関連の仕様を調べて判ったことがいくつかあったのでメモメモ。


デフォルトでは、同時に付与できるステートはまで

一応、DataConfig.getMaxStateCount()の戻り値を変更すれば
上限値を増減できます。

こんな感じ

(function() {
DataConfig.getMaxStateCount = function() {
    return 6; //←の数値を変更
};
})();


同時に付与するステートが増えると計算処理に負荷が掛かったり
UnitSentenceWindow(ユニットメニュー右に出る命中率とか表示される部分)の
ウィンドウの高さやステートアイコンの表示、担いでるユニットの名前などの
レイアウト的な兼ね合いもあって6個で制限しているんだと思う。たぶん。多分

StateControl.arrangeStateを弄れば、付与ステート数が上限に達している場合でも
ステートの一つを削除して新たに追加させることも可能。


※※※2018/02/26改訂※※※
Srpg Studio本体の更新(Ver.1.176)により
この記事の内容は現状と合わなくなっています。

※注意※
StateControl.arrangeStateクラスも変更されているので

前に記載していたプラグインは、誤動作を起こす恐れが大・大!
※※※※


一応、変更の要点だけを追記に残しておきます。


StateControl.arrangeStateクラスの下記のif文のすぐ後に追加部分を書き加えれば
ステートの付与上限数に達している場合に、既存のステート一つを除去して
新しいステートを付与することができるようになる……はず。


if (count < DataConfig.getMaxStateCount()) {
    turnState = editor.addTurnStateData(list, state);
}
//追加
else {
    for (var i = 0; i < count; i++) {
        var exState = list.getData(i);
        //持続ターンが0のステートは変更対象から外してある
        if (exState.getTurn() > 0) {
            editor.deleteTurnStateData(list, exState.getState());
            turnState = editor.addTurnStateData(list, state);
            break;
        }
    }
}
//ここまで


※※※※※※※※※※※※※

拍手

PR

Comment

無題

お久しぶりです、2017年に遊んだSRPG Studio製のゲーム達の記事を拝見しましたが蘭太郎さんは相当数のSRPGをプレイされておりますね。

 私はその半数以下(シルバーティアラの行方、ロンドリア物語、マリィと賢者の森、ヌーズライト民主革命戦記、
ランタイムサーガは現在頓挫中)位ですね、今はボブマニア様の制作された
GETENをプレイ中です、戦闘前の小噺や笑えるステータス強化アイテムの存在に驚いています。

 後、SRPGstudioの制作ではありませんがもし宜しければ「the Battle for Wesnoth」もプレイしてみて下さい、とても楽しい作品です。

まながつお様

  • 蘭太郎 〔管理人〕
  • 2018-03-21 18:19
コメントありがとうございます。

SRPG Studio製のゲームが次から次へとUPされていましたから
その都度、DLしてはちょこちょこプレイしてました。
(最後まで遊べてない作品も、結構ありますが……)

プレイして楽しいはもちろんのこと、製作者の視点から面白いなと思う部分も多く。
その中から影響を受けて自分のゲームにも導入したりした部分も少なからずあります。
(自分の技量では、とてもマネできない機能とかも沢山ありましたけどね)

>今はボブマニア様の制作されたGETENをプレイ中です
GETENは、本当にコミュイベが豊富で……
ほぼ全てのマップでよくもまあ、あんな沢山の話を思いつけるもんだと圧倒されます。
日本の戦国時代を彷彿とさせる群雄割拠な世界設定も作品の面白さを引き立ててますし、
キャラの一人一人に(性格的にも性能的にも)個性があって
戦術マップでも全員で戦ってる感があって素敵な作品だと思いますよ。

>「the Battle for Wesnoth」もプレイしてみて下さい
今まで知らなくて、プレイ動画を少し見た感じなだけなのですが
結構、本格的なSLGみたいですね。
ユニットを雇用したり、拠点を制圧して資金を確保したり、多種多様な種族、
ヘクスマップにZOCなど、やりこみ要素が満載で面白そうです。

自分の作品の制作が一段落した後ででもプレイしてみようかなと思っています。
お名前
タイトル
E-MAIL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © 蘭太郎ゲームズ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]